お問い合せ
当社の特長 製品紹介 開発事例 工場案内 採用情報 会社概要
放電加工機を使い、超精密な金型部品の加工をおこなっています。加工機自体は新しい機能が付いた最新鋭のものですが、といってもそれは当社だけのものではなく、他社にも導入されているものです。ところが同じ機械を使っているにもかかわらず、他社ではできないのに当社ではできるという「事実」があるんですね。それはなぜか?一つ決定的に違うのは「精度」というものにエンジニアである自分自身がどこまでこだわっているかどうか、そして本当に機械を使いこなせているかどうかです。確かに機械メーカーからは「この加工のときはこの電気条件で」といったことがマニュアルで示されますが、それだけでは私たちのようにミクロン精度を要求される加工は難しいんですね。 つまり使いこなすためのデータやノウハウが必要なわけです。私の場合、機械を実際に使ってテスト加工を何度も繰り返し、さまざまな条件や設定をノウハウとして蓄積しています。それが加工した場合、決定的な精度の差になって現われるんですね。また精度を出すためには材料を正確な位置にセットする必要がありますが、それにも自分たちで工夫して作った独自の基準器を使っています。精密なモノが作りたくてこの会社に入った私ですが、そうしたオリジナルの基準器や、苦労して使いこなせるようになった放電加工機は最高のパートナーですね。