お問い合せ
当社の特長 製品紹介 開発事例 工場案内 採用情報 会社概要
●金型の工夫によりバリなしのウレタン加工に成功!
●20〜30人必要だったバリ取り作業を削減。コストダウンに成功!
●バリ取り用スペースの有効活用。設備を設置し、生産能力を拡充!
ウレタンのアークチュエーター部品ですが、素材が柔らかいこともあり、CAVすき間が0.005あればバリになります。そのためどうしてもバリが残るため、仕方なくパートタイマーを雇ってバリ取り作業に従事させていました。このバリをなくすことはまず不可能と考えられていたのですが、ギフハイテックが提案した金型でトライしたところ、以前と同じ成形機を使って成形条件も同じであるにもかかわらずバリが残りません。さらに樹脂の温度を上げたり、圧力を上げたりしても結果は同じ。最終的にバリ取り作業そのものをなくすことができ、空いたスペースに成形機を設置して生産能力を高めることもできました。